スラグ製品

鉄鋼スラグとは・・・

鉄鋼スラグは、鉄鋼製造工程において副産物として発生し、高炉スラグと製鋼スラグがあります。
当社は、これらスラグの製造加工に携わり、資源リサイクルに貢献しています。
当社では、一部の支店で、粗骨材・細骨材、肥料の販売を行っています。

鉄鋼スラグの種類

鉄鋼スラグの種類

コンクリート用

スラグ細骨材(JIS A 5011-1 高炉スラグ骨材)

スラグ細骨材製造ライン
スラグ細骨材製造ライン

用途:コンクリート用

特性:1)
工業製品なので、品質は安定しています。
2)
天然砂と混合することによって粒度改善に寄与します。
3)
アルカリ骨材反応(*)は、生じません。
4)
有機物等不純物は一切含んでいません。

水砕スラグは、角張っているため、そのままでは細骨材に適していません。そのためスラグ細骨材は水砕スラグを軽破砕して角をとり、固結遅延剤を噴霧して製造します。

スラグ粗骨材(JIS A 5011-1 高炉スラグ骨材)

スラグ粗骨材
スラグ粗骨材

用途:コンクリート用

特性:1)
工業製品なので、品質は安定しています。
2)
アルカリ骨材反応(*)は、生じません。
3)
有機物等不純物は一切含んでいません。
*アルカリ骨材反応とは・・・
アルカリとの反応性を持つ骨材が、セメント、その他のアルカリ分と長期にわたって反応し、コンクリートに膨張ひび割れ、ポップアウトを生じさせる現象。

肥料用

当社の取り扱う肥料は、水稲、麦に対しケイ酸を補給し茎葉を頑強に育てる他、病害虫抵抗性の向上、米の食味向上、酸性土壌の改良など、作物の安定生産に効果があります。

種類と特徴

 
銘柄 特徴 銘柄 特徴
粒状ケイカル
粒状ケイカル
作物に吸収されやすい可溶性ケイ酸を多く含んでいます。
水稲はケイ酸を多量に吸収し、ケイ化細胞を増やすことで、イネ体(表皮や維管束等の組織)が丈夫になります。
これにより、病虫害抵抗性や耐倒伏性が向上すると共に、茎葉が直立して受光態勢が良くなり根の活力が高まることで、米粒中のタンパク含有率が低い良食味米の生産に繋がることが期待できます。
スーパーミネカル
スーパーミネカル
石灰等のアルカリ分を含むため、酸性土壌の改良効果があります。
同時に、苦土(マグネシウム)、マンガン、酸化鉄、ホウ素、その他の有効な微量要素が補給されます。
土壌のpHを急激に上げることなく、肥料効果が長期間持続することが期待できます。
ケイカル
ケイカル
ミネカル
ミネカル
粒状テツシリカ
粒状テツシリカ
酸化鉄を多く含有する為、湛水条件下における急激な還元の進行(ワキ)を緩和します。また、根を活性化し稲の初期生育を促進させ、品質や収量の向上が期待できます。

成分表

銘柄 保証成分(%) 含有成分(%)
可溶性ケイ酸 アルカリ分 く溶性苦土 可溶性石灰 く溶性リン酸 く溶性マンガン 酸化鉄
粒状ケイカル 30.0 45.0 1.0
ケイカル
スーパーミネカル 19.0 43.0 2.0 40.0 0.9 0.7 8.0
ミネカル 14.0 45.0 1.5 40.0 1.5 0.5 18.0
粒状テツシリカ 25.0 41.0 4.0 13.0〜15.0

肥料の製造フロー

原料を乾燥・破砕・ふるい分けし、粉状のケイカル及びミネカルを製造します。また、これらをさらに細かく粉砕後、造粒剤を添加して粒状化し、乾燥・ふるい分けしたものが、粒状ケイカル及びスーパーミネカルになります。そして、効果発現促進材として、微粉砕した鉄鉱石を混合し粒状化したものが、粒状テツシリカになります。

こうして製造された肥料は、品質チェック後、20kgポリ袋または500kgフレコンバッグ詰めにて倉庫に保管し、ホクレン・JAを通して生産者へ販売されています。

肥料製造設備フロー